スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母子会

「母子会」

って幼稚園の書類にも書いてあったけど(もちろんローマ字表記)、この母子会って言葉の意味、みんな本当にわかってるのかなぁ。日系人でもどういう漢字使うかわからない人が大半だろうし。
でも、こういう日本語の言い方をするところが日系校らしいです。


新しい幼稚園での初成績表。
旦那と二人でさっちゃんも連れて行ってきました。

最近ひどい赤ちゃん返りの事も気になってたけど、幼稚園ではそこまでひどくないみたい。
参加態度も特に問題なし。成績もなかなかでした。

ひとつ言われたのが言葉の問題。
色々な事をする時に先生がさーっと説明をするんだけど、時々さっちゃんはわかってなさそうなリアクションをするみたいで。例を出して説明するとわかるみたい。やっぱそこは両親ともスペイン語で話してる家庭とは違うから・・・って先生もわかってくれてたし、そのうち大丈夫でしょって。
さっちゃんはこっちで育ち、生活していく子。私も家でスペイン語じゃないとダメですか?ってきいたけど、それは大丈夫だって。旦那やお手伝いさんはスペイン語で話してるし。

その代わり、日本語のクラスではさっちゃん嬉しそうに先生と日本語でお話してるみたいで。
もちろん理解力もほかの子とはくらべものにならないくらい。そりゃそうだよね~。
日本語の言葉も歌もすぐに覚えるしって。っていうか、もとから知ってる歌も結構あるしね、さっちゃんの場合。

英語のクラスも問題なし。きちんと参加してるしわかってるみたい。
子供の頭って本当に柔軟だよねぇ。


恥ずかしがり屋のさっちゃんは、やっぱり新しい幼稚園でも前の幼稚園と同様。
最初はあんまり話さないって。これも前の幼稚園でも少しずつ改善されていったからあんまり心配してないけど。

とにかく大きな問題は何もなかったのでよかったです。


今の幼稚園はわりと厳しいけど、きちんとしてるのはいい事だしね。
さっちゃん、今の幼稚園楽しんでるみたいだし、これからもいっぱい色んな事学んでほしいな。

っていうか、最近さっちゃんにスペイン語をぬかされまくりでちょっとママ焦ってます。
この前も、「パパはカラト(calato)、さっちゃんはカラタ(calata)」と言われ、何をいってるのかさっぱり分からず。きっとこれ何かの意味なんだろうなと思って旦那に「calatoっていうスペイン語の単語ある?」って聞いたらあるって。「裸の」とか「一文なしの」っていう意味らしいんだけど。この前パパがお風呂上がりに服着てなかった時にさっちゃんがその言葉をいったらしい。他にもさっちゃんから教わる単語がいっぱい。
どっちが親なんだか・・・。


テーマ: 海外で育児 - ジャンル: 育児

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。